「漁日記」

2019/06/20 投稿

東京湾館山沖も

夏魚になってきました。

カンパチ

シマアジ

イサキ絶好調!

おいらが大好きな尾赤ムロアジ。

※尾赤ムロアジのタタキ

味噌胡麻ソースがけ丼にしてみました。

 

兄漁師たちはジンタと呼んでいる小アジも大好き。

※酢たっぷりな南蛮酢漬けにしてみました。

 

ニベもやや小さめを持ち帰り。

※ねっとり身と脂のりの良い極上南蛮さしみでした。

 

白サバふぐは、お客さんからサバなんかい?フグなんかい?どっちやねん?とよく言われます、白サバふぐちゃん。

※漬けにして、唐揚げにしてみようと思いまーす!

漬けタレはシンプル、酒、醤油、おろし生姜のみ。酒は良い酒使うと旨さ倍増なので、ぜひ飲んで美味しい酒を使うのをオススメしちゃいます。

 

胡麻サバでは

暑かったので、スペシャルサルサソースとっても酢ッパイバージョンで食べてみました。

脂分の少ないサバだったので濃い酢ッパイソースが合いました。

 

直売で買ってくださるみなさんもさぞかし美味い魚料理をしていることでしょーね。

つぎの朝獲れたて直売日は、

22日土曜日を予定しています。

あとは、みなさまからの要望が多数あり、上司3役とも相談した結果、さかなさばきの延長戦で、正しいサバの酢〆サバの仕込み方、アジたたきの仕込み方もやりたいと思います。一度、基本中の基本、しかも正しい基本を覚えて頂くのが一番良いですよー。

でわ、また港でひとり魚を処理しに戻ります笑。